災害時 犬

犬を飼う前に>災害時の犬の避難

 

 

 

動物愛護管理法を管轄する環境省では『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』(※1)という冊子をウェブ上に掲載

 

 

環境省が同行避難を推進していても、各自治体の対応にはバラつきがあり、避難所によってペットを受け入れてくれるかどうかは不明です。

 

災害時、家族の一員である犬も一緒に非難する必要が出てきます。
過去の震災時の反省から、環境省では、『災害時のペットとの同行避難』と、ペットにも災害時の日頃の災害対策が必要と公表されています。環境省のホームページから冊子が読めます。

 

 

 

 

「ペットとの同行避難」は自治体によって対応に大きく差があるので、事前に管轄の自治体へ問い合わせておきましょう。

 

難所の運営をまとめているリーダー的な人物と話をし、ペット用のスペースを確保してもらえるよう説得するか、諦めて他の避難所を探すしかないと考えられます。

 

しかし、災害時に他の避難所を探すのは非現実的ですので、やはり何とかペットの受け入れを認めてもらうよう説得したいですね。
その場合は他の被災した飼い主さんたちを見つけて声を掛け、協力して冷静に話し合うということも必要です。

 

また、説得材料としては人用スペースとペット用スペースを完全に分けることや、飼い主さんたちが全員で協力して衛生管理を十分に行うことなどを条件に、諦めず粘り強く話し合いましょ

 

幸運にも避難所へ同行避難できても、その後の仮設住宅の問題があることは、環境省も『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』の中で指摘しています。
ペットと一緒に住める仮設住宅へ入れればいいのですが、ペット不可の場合はペットの預け先も考えておかなければなりません。
これは仮設住宅を出た後もついてまわる問題で、ペット可の物件に住み替えられるかは分かりません。

 

遠方に住む親戚や知人などに相談しておくことは、ペットを守るためにも必要なことですね。
厳しい状況だとは思いますが、そこまで考えておく責任が飼い主さんにはあります。

災害時の犬の避難記事一覧

犬の災害対策

いざ大規模災害が発生し避難の必要が出た時、困らないように日頃の犬の防災対策をまとめてみました。備えあれば憂いなし!!! 人間の避難グッズや災害シュミレーションと一緒に、犬の防災対策を日頃からしておきましょう。犬に『飼い主情報・連絡先を装着する』大災害が起こった時、パニックになって逃げ出してしまう犬も...

≫続きを読む

 

災害時に役立つ犬になる

犬を連れて避難するのが環境省で推奨されているとは言え、犬やペットを飼っていない人にとっては、避難所や仮設住宅に犬がいるということ事態を受け入れることが困難な人がいるのもゆるがせられない事実です。そんな時、犬のほえ声は、日頃の躾でやめさせる事ができたとしても、犬の匂いに関してはどうしようも出来ません。...

≫続きを読む